SaGa Emerald Beyond
【さがえめらるどびよんど】


この単語の定義、意味、意見、など、なんでもどうぞ:
コメント 
お名前(省略可)  
削除キー(必須)  

40本作はパラメータの直接成長とスキルレベルの両方がある。
39前作サガスカと違ってパラメータが直接成長する。メカがいるから当然か。
38サガフロ2以来久々に事前にセットしておいた技・術だけ使えるシステムになっている。ただし閃いた技はその戦闘中は扱えるため、技・術欄がいっぱいでバトルになっても大丈夫。事前に装着できる上限は8枠。
37進行によってはラストバトルで「全体40ぐらいのダメージが脅威に感じられる」なんてこともあるぐらい、高い数字の殴り合いとはこれまで以上に縁が薄い。
36基本的に育成に執着する必要がなく、戦術の方が重要であることが多い。下手な育成が首を絞めるなんてこともザラ。むしろ戦闘をやりすぎないようにするぐらいで。
35サガエメ:タイトル画面のオプション機能で、文字か音声を日本語か英語に切り替える機能があり、英語での名称は英語モードにすることで確認できる。
34サガエメ:過去作でも似たような例があるが、進行ルートや周回により話の流れが変わることがあり、それに応じて敵側の目的も真逆(連接世界の一体化か分割化の維持か)になる場合もある。
33>28:HP回復は本当に無い(状態解除はある)。さらに前作にあった「恩寵」がないので能動的な戦術構築がいっそう要求される。
32今回はアンサガぶりに主人公ごとに難易度の違いが大きい。体験版にあったアメイヤ編などはかなりあっさり終われるが、シウグナス編などはかなり難しい。
312024年4月25日に「サガエメ」がX(旧Twitter)のトレンドに上がっている。 (エディ)
30通常版は¥6,800+税、コレクターズエディション【翠の波動】は¥25,000(税込)
292024年4月25日発売
28>26 河津氏によるとサガスカと違って回復は本当に一切ないらしい
27バトルの中心に連携があるという戦闘バランス
26シリーズ34周年の放送によると回復は「前作と同じく無い」らしい 一切ないのかほとんどないのかは不透明だが回復に頼る戦術はバトルが長引くだけであることを理由に却下されている
25【我流技】という単語が登場している。サガフロ2にあったカスタムアーツを思い出す。
24【独壇場(システム)】があるので、少人数でも連携を仕掛けられる。【タイムライン】と一体化した構造なので、連携が戦闘の主軸になりそう。
23見た目はサガスカのようだが中身は結構違うとのこと。
21サガスカより敷居は下がるらしい。
20オーケストラは大規模ゆえにホールでないと収録できなかったほど。
19楽曲は書き下ろし50曲ほど。
18略称がファンの間でさっそくいろいろ出たが、TGS2023のスペシャルステージで公式から「サガエメ」と発表があった。
17今回の通常戦闘BGMは主人公ごとの曲ではないとのこと。
16サガスカとの違いとしてクリアまでの所要時間が短めであるらしい。
15完全新作としては久しぶりに【種族】システムが復活。3Dだとモデリングのパターンが増えるので大変な作業だったそう。【人間】【モンスター】【メカ】に加え、新登場の【クグツ】【吸血鬼】【短命種】の合計6種。
14【銃(武器系統)】【重火器】の登場、新登場の【独壇場(システム)】が絡んだ【複数回行動】【一人連携】など、過去作の要素も今回は多い。GB/DSサガ&サガフロ+サガスカといった風味か。
13今回はサガスカと違って1人が1戦闘で複数の武器種を扱えるようだ。
12ディレクターは河津氏、プロデューサーは市川雅統氏、楽曲は伊藤賢治氏、キャラクターデザインは倉持諭氏。
11加入する人数はサガスカより少ないとのこと。そのせいかLPはサガスカより多い。
10サガスカでは完全撤廃されてた探索要素がいくらかは登場するらしい。
9イベントに巻き戻し機能があり、なんなら選択肢の選び直しができる(選択直後にバトル突入してしまう展開では不可)。
8【エメラルドヴィジョン】を用いてストーリー分岐はわかりやすくしたという。その点はどこで分岐しているかわかりにくいサガスカとの相違点。
7対応機種はSwitch、PS5、PS4、STEAM、iPhone、Android。
6PVによると、選択肢によってシリーズ史上最も分岐の多い物語になるとのこと。とっくにシリーズ作品に登場していた「選択肢」を敢えて特色としてフィーチャーしているため、おそらくサガスカ以上に全貌が掴みにくいスケールになることが予想される。
5キーワードは「翠の波動」。【エメラルドヴィジョン】というシステムもある。
4主人公は【アメイヤ アシュリン】、【御堂 綱紀】、【シウグナス】、【ディーヴァ ナンバー5】の4人に加え、そして【ボーニー ブレア】【フォルミナ フランクリン】という2人1組。つまり「5組6人」というシリーズ初の変則制。
3サガスカ譲りの【タイムライン】が組み込まれたバトルが特徴。また、【連携】が再び登場している。
2多様な種族が織り成す17の世界が舞台とされる。この一文を見る限りではGB/DSのシリーズやサガフロ1との共通点を感じさせる。
12024年発売予定のシリーズ作品。

コメント番号 削除キー